スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南池袋 「天山」

天丼・・・・・「てんや」

天丼と言えば「てんや」・・・・・・貧乏思考の俺。

2月に伺った金子半之助以来の

天丼です。

今日はちゃんと天丼に向かい合う為に、何度か雑誌やTVで紹介された事のあるお店へ。

そのお店の名前は「天山」。

池袋の路地にひっそり建つお店。

会社からも程近く、夜はちょいと敷居が高いが、ランチタイムはサラリーマンでも

気軽に暖簾をくぐれる有難いお店。

お店の外観。

絶対に夜だったら暖簾はくぐりません。だって高そうな雰囲気じゃん。

(女子連れなら無理して入るかも)

趣ある外観だよね。閑静な場所だし。 



お店の入り口にはランチメニューが。

このメニュー掲示だけで一気に入り易さアップ。

ふむふむ。お手ごろ価格ですね。

すでにオーダーする物は決まってます。雑誌の受け売りで。



竹垣に囲まれたスロープを上がり、店内へ。

1階はカウンターメインの客席。地下?半地下?にはテーブル席。

やっぱり天丼を食すのだから、カウンターで天ぷらの揚げる音と、ごま油の芳しい

香りを楽しみながら天丼を待つのがいいでしょ。

注文したのがコレ!鳥親子天丼なるもの。

丼の中心に鎮座している「ころっ」とした丸い物体は生玉子の天ぷら。

カウンターの注意書きに、余熱で固まっちゃうから、早々と箸でくずして・・・云々。



仰せの通り、箸先でプツっと玉子の天ぷらを崩してみれば、黄色い魅惑の液体が・・・。とろりと。

この黄色い液体に魅惑を感じない人なんていないでしょ。

ちょっと濃い目の丼タレに黄身のまろやかさがベストマッチ!



天ぷらの下にはサツマイモの角切りと玉ねぎを素揚げした物が敷いてあるんです。

一口大で揚げられている鶏肉天ぷらを黄身にくぐらせ、白飯と一緒に口へ放り込む。

ごま油に良い香りが鼻に抜け、甘めのちょいと濃いタレが食欲に拍車をかけます。

なんて美味いんだろ。

やっぱチェーン店の天丼とは歴史と味の重みがちゃいますな。

値段は800円だけど、ちょっとだけ贅沢な気分になれるお店だね。

後ろの席のお客さんの天ぷら定食をチラっと。

次は天ぷら定食に決定!

そうそう、添え物の「ぬか漬け」美味しかった。

大根がシャクシャクしてて、漬かり具合もいい塩梅。

メニューにもちゃんとぬか漬けがありましたね。堂々たる一品です。
スポンサーサイト

天丼に行列 日本橋「金子半之助」

タイトル通り天丼行列に並んでみた。

その名は「金子半之助」。川越には「金子増太郎」ってモツ鍋の店があるけど。

天丼行列に並ぶのは、浅草の大黒屋以来ですな~。

とは言っても、大黒屋の行列とは桁違いなんすよね。なんでも休日には3時間待ちとか。

お伺いしたのは、平日の15時過ぎ。

流石に行列は無いだろうと思ってはいたんだけど、考えが甘かったよ。

ざっと行列している人数を数えてみたら、20人超え。(こりゃ、長期戦だな)

寒空の下の行列は老体に堪えるますが、お店の粋な計らいで、温かいお茶のサービス

なんかもあんだよね。嬉しいじゃないですか。(♪あったかいんだから~)パクリです。

牛歩のごとく、徐々に列の先頭に近づく頃を見計らって、店員さんが予め注文を聞きに参上!

天丼は一種類のみ。

大盛か味噌汁を付けるかの選択肢。

なんとも明朗。

天丼のネタに苦手な物あれば、店員さんに伝えると、希望に沿って作ってくれるんなて計らいも。

穴子⇒キスとか、穴子⇒海老3本とか。

この辺のサービスは流石って感じだよなー。

さて、着席すると先ずは黒豆茶が出されます。香ばしくってウマー。

黒豆茶をすすり、カウンターに置いてあるガリをシャクシャク食べながら

しばし天丼を待つ。



目の前の調理場からは胡麻油の香りが匂い立ち、食欲に拍車がかかるって算段。

(は~やく来い♪天丼来い♪なーらび疲れたおっさんが~♪)



と、頭の中に「春よこい」の天丼バージョンが流れ~♪空腹に耐えながら天丼を待つ。

「天丼の大盛です!お待ちどうさまです」

ついに天丼がカウンターに舞い降りた瞬間です!

君の事をどれだけ待ちわびていたか。

期待を全く裏切らない、なんというボリューム感。

「エビ×2」「穴子」「小柱」「海苔」「しし唐」「半熟卵」とネタ数もとっても豊富。

こんな天丼出す店だからこそ、休日ともなれば3時間待ちになるんだな~。

あっ、お持ち帰り天丼は待つ事無く購入可能です!が、しかし、衛生上の問題で半熟卵

の天ぷらは付いてませんのでご注意を!

サックっとした衣、プリッとしたエビ!そして神々しく輝く黄金色の衣!

意表をついた半熟卵玉子。甘さ控え目な丼たれ。どれをとっても完成度は高い。

これが1000円以下で楽しめちゃんうんだから、コスパ高いよね。

天ぷらの嬉しい副産物である「揚げ玉」をお土産買って帰りました。

「揚げ玉」と侮るなかれ。充分主役級のお姿。

うどんに入れて食べよっと。



不味いはずがないよね~。

【後日談】

翌日、揚げ玉を使って「たぬきうどん」を作りました~♪

ごま油の香り立つ濃厚な?揚げ玉でした。歯ざわりも上々。

うどん以外のレシピで挑戦してみる価値あるね。

愛媛うわじま海賊どんぶり

水曜日の昼過ぎ、クレアモールを歩く人も気持ち少なめ。

この暑さだもんね、拭いても拭いても汗が出る。

皆さん、涼を求めて建物に非難しちゃてんだろうね。

この暑さの中、足取り重く駅に向かう最中、ちょっした人だかりが。

?確かあの場所は、5月位から開店告知の貼られていたお店では?



やっぱりそーでした。

愛媛県の宇和島を一面に押し出したお店。

愛媛県って、四国の中では割と知名度は高いけど、「みかん」と「道後温泉」「一六タルト」「じゃこてん」

くらいしか思い浮かばない(愛媛の皆さんゴメンなさい)

同僚に「愛媛県っていえば何を連想する?」って聞いたら「みかんしか思い浮かばん」との返答。

むしろ4つも連想出来たことがスゴイとか。(そーかな)

↓メニューの数々。

色々気になるメニューがてんこもり。

愛媛県の郷土料理の代表選手「ぶっかけ鯛めし」がココの一押しみたいだね。



でもねー、↓のメニューもとっても気になる。

オープン記念って書いてあるし、売り切れご免とも。

(今日だけのメニューなのかな?定番メニューなら今日食べなくてもいいし)

(店の人に聞いてみよ)



待つこと5分。やっと直射日光から開放され、店内へ。

海鮮丼の店だから、調理時間も短いし、熱い物を食べさせる訳ではないので、回転は速いよね。

店内に入って、限定品のマグロ丼の事を聞いてみたところ、今日と今週の土曜日の企画になって

いるみたいだったけど、今後も定期的に開催する予定はあるとの事、時期は未定。

【愛媛県の特産品の数々。じゃこ天も売ってました】


【テーブルメニュー。外のメニューと変わりません。サイドメニューも豊富。】


一押しの「ぐっかけ鯛めし」。

でも、今回は「マグロ丼」にしました。

次回のマグロ丼メニューは今週の土曜日でしょ、でも土曜日だし、混雑が予想されるし、炎天下の中で

長時間の行列なんて無理っしょ。

(でも「ぶっかけ鯛めし」うまそー)

開店初日、従業員さんの不慣れな接客はご愛嬌としましょうかね。

もうちょっと研修時間を設けた方が良かったんじゃないのかな。老婆心ながら。



平日のこの時間だから、高齢者の方も多かった印象。

考えてみると、クレアモールって若年層向けの店舗が多いし、ご高齢の方には食事の選択肢が少なかった

から、魚介中心のお店ができて良かったんじゃないかな。

価格帯も若年層を意識してはいないと思えるしさ。

待つこと10分。まぐろ丼が運ばれてきました。

見た目の美しい「まぐろ丼」。緑と赤、そしてみかんの黄色の彩りが鮮やか。

注文時に酢飯と白飯を選択可能。今回は白飯で注文です。ちなみに大盛りも無料です。

まぐろの上の黄色の薬味は「みかんの皮」。「柚子」ではないんですね。

まぐろと、みかんの皮を口にいれると、微かにみかんの香りがします。

少し堅めに炊かれた白飯が良い良い。刺身には少し堅い白飯が合うと思うのは俺だけなのかな?

ホンとは白飯がもう少し冷めていた方が良かった。

マグロが白飯の余熱で白く変色しちゃってたからね。

まぐろは「赤身」と「中トロ」に近い部位が均等に盛り付けられていて、二度美味しい。

カイワレ大根の辛味もまぐろ丼の良いアクセントになってます。

養殖とはいえ、本まぐろで1,000円でこのボリュームだったらお値打ちでしょ。



お会計時にこんなチケットをいただきました。

「蛇口からポンジュース」都市伝説。店内にはポンジュースが出る蛇口がありました。

川越なら、蛇口から「・・・・・・・」芋?出るわきゃねーな。

蛇口捻りてー。





にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 川越情報へ
にほんブログ村


宇都宮の餃子は安い?!

いやはや!暑いったらありゃしない。

俺らが小学生の頃ってこんなに暑かったっか?6月初旬ってさ。

まあ、6月だし、陽も傾けば日陰さえ歩いてれば真夏ほどでもないんだけど。

ココ、「みんみん」に伺ったのは二回目。この並びには宇都宮2代餃子店?の一つ

「正嗣」もあります。

なんでも、「みんみん派」と「正嗣派」に分かれるらしい。

「正嗣」の方が20円安いんだけどね。

さて、なぜ「みんみん」を選択したかというと、ただ単に手前にあったからです。

休日ともなれば行列必至のおみせですからね。

でも今日は平日の夕方。行列はゼロ。(「正嗣」は3人程待ち客がいましたが、店の大きさが違うからね)



メニューはコチラ。実に単純明快!悩むってことがない!てか、悩みようがない!

fc2blog_20140603154841436.jpg

「焼」「揚」「水」。餃子調理方三段活用って感じでしょうか。

しかし、餃子1人前がたったの230円です。安いよね。

一人前が6個なので、お連れさんとシェアもしやすいしょっ。
でもって、今日は「焼」と「揚」を各一人前。で、ビールね。

注文時にビールの提供タイミングを聞かれるんだけど、これってとっても重要だよね。

ビールなんて、喉が渇いてたら、ものの数分で胃袋におさまっちゃうし

餃子が来る前にグラスがカラなんてさ。

やっぱ、餃子と一緒のタイミングで運ばれるべきだと強く思う!

↓餃子ライスももちろんメニューとしてあります。



餃子到着までスマホをイジイジしてました。(やべ、バッテリーが・・・・・)

店内はお土産の焼餃子の焼き上がりを待ってる人たちもチラホラ。

発泡スチロールに入れた冷凍餃子をお土産で持ち帰る人も。

餃子ってケッコー喜ばれるかも。有名店ならなお更。(俺は電車で帰る事を考え、我慢だな)

餃子とビールの黄金コンビの到着です。

キンキンに冷えた「サッポロ黒ラベル」をトトトトとグラスに注いでと。

「ゴクゴクゴクゴク」・・・・・・・・・・。

「うま~~~~~」

で、ここで餃子を「パクッ」・・・・・そしてビール「ゴクゴクゴクゴク」。

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・。
完敗です。ビールと餃子にKO負けです。

餃子に醤油を付けるタイミングって人それぞれ。

最初から醤油にダイブ派と、俺みたいに最初に餃子をちょこっとだけ食べてから

中身に醤油を染み込ませる派とね。前者の方が多いのかな。



ニンニクは強くなく、営業マンでも昼間から安心してほお張れる餃子。

キャベツの甘みと豚肉の旨み、化調の味は全く感じられませんでした。



焼手ウン十年のベテラン焼氏?の餃子は焼色も良く、食欲に拍車をかける。

そんな美味しい餃子をいただきました。



ご馳走様でした。

男の胃袋を満たす「アライ」 by ときがわ町

平成の大合併で埼玉県の市町村名が消え、新しい町名が二つ誕生しましたよね。

一つは「ふじみ野市」。そしてもう一つが「ときがわ町」。

「ときがわ町」は「玉川村」と「都幾川村」が合併して誕生。

「村」はどんどん近隣市町村と合併しちゃって、唯一残る「村」は「東秩父村」だけになっちゃいました。

そんな「村」から「町」にランクアップ?した「ときがわ町」(旧玉川村ね)に「アライ」があります。

初めて伺ったのが25年位前です。

お連れさんに「おススメはカツカレーの大盛り」って言われ、何の迷いも無く注文したのを覚えてます。

そしてカツカレーの大盛りがテーブルに運ばれてきた時の衝撃・・・・・・・。

「なんだこの大盛りは」(食べきれずに残しちゃいました)

なので、このお店の大盛りを知らずに、大盛りを注文するお客さんをニヤニヤしながら見てたもんです。

(大盛りを注文した隣の座敷からは「おおっー!なんだコレ。すげーじゃん」との悲鳴が(笑))

一昔前までは、県道の端で精肉店を営んでまして、そのついでに食堂を開業したってお話です。

その場所から今の場所に移ったのって20年近く前かな?移転前の場所と今の場所はすぐ近くでした。

食ベログ情報だと、営業時間は11時~20時までの通し営業。店到着が18時45分頃。

ん?準備中の看板が。もしやお休み?一応確認してみようって事で、店のドアをガラガラ。

「スミマセン、今日お休みですか?」

「まだ準備が出来てなくて、7時頃には大丈夫です」

(はぁー、よかったよかった)てな訳で食べログ情報は誤りです。通し営業ではなく、中休憩があるようです。

まずはメニューから。

俺って、このお店のうどんがけっこう好み。

注文するものも決まってます。「とんかつセット」。

「うどん」+「とんかつ」の最強セット。



続きまして連れの注文した「天ぷらうどん」。

(天つけうどんを注文したつもりだったのに・・・まあいいや)

「春菊」「にんじん」「タラの芽」「さやいんげん」そして何故かハム。(さすが元精肉店)

薬味には「わらび」「ゆず」「ねぎ」「すりごま」。こんな「わらび」の食べ方もいいかも。



次は俺の注文した「とんかつセット」。見てください、この堂々とした雄姿?を。

男の胃袋に挑戦状を叩き付けんばかりのビジュアル。

「とんかつ」も「うどん」もしっかり一人前。



「とんかつ」の断面図。ちょいと脂身も多いけど、ラードでサクッと揚げてあります。

すでにコレだけで本日のカロリーは有にオーバー(^^;



うどんは少し灰色がかった地粉?の手打ちうどん。

どこかのブログで「茹で置き」かも?と書いてありましたが、夜営業が始まる時間に行ったので

茹でたて?だったのかな?しっかりとコシのある美味しいうどんです。太くなく、細くなく。

つけうどんの薬味にも「わらび」が付いてました。うれしい(^^)

つけ汁も多めで、盛の良いうどんを食べても、最後まであまり味が薄くならなくてGOO。

小皿に盛られたスパゲッティーサラダはソースとの相性も良く、コレだけで白飯いけちゃいます。



最後は牛焼肉定食。コレはイマイチだったかな。生姜焼きになってるんだけど、牛肉には生姜よりも

別の味付けの方が合うね。生姜はやっぱり豚肉だよね。



久しぶりの「アライ」に大満足でした。

おかずが余ってしまった場合には、持ち帰り用にフードパックをもらえますのでご安心を。

持ち帰るお客さんって多いんだろうな。初来店のお客さんはね。

プロフィール

川越大将

Author:川越大将
齢40前半。
川越の居酒屋と出張ネタを中心に備忘録的に綴ります。
お暇があれば読んでみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。