スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みっちゃん お好み焼き

昼飯抜きで新幹線に乗り込み、福岡から広島へ移動。

しかし猛烈に腹が減ってきたぞ

安易だけど、広島=お好み焼き+もみじ饅頭ってワードが勝手に頭に浮かぶ。

そんな訳で「みっちゃん」に行ってきたぜ。

しかし月曜日の昼時でもないのに満席。

広島=お好み焼きって考える人は俺だけじゃないよな



先ずはビールを呑みながらメニューを確認。

特製スペシャル(そばorうどん入り) ・・・・¥1,250

イカ天・生イカ・生エビ・モチ入り

お腹いっぱい食べたい人におススメ!

おっ、これってまさしく今の俺じゃねーか!

って訳で特製スペシャルをオーダー。



着席したすぐ後ろでは「ジュージュー」とイイ音がしてる。

こんなんじゃ空腹にますます拍車をかけるだけだ。

とりあえず見るのやめておこう



グーグーとお腹がなる。こんなんじゃ何か軽くつまんでおけば良かったかな?

でもなー、車内販売の売り子のおねーちゃんの笑顔に負けそうになりながら、何も買わず。

お好み焼きをほお張る自分を妄想しながら・・・・・・・。

妄想・・・・・・・・。「お待ちどうさまです」(はっ)我に帰る。

おこちゃん登場。ボリューミー。

玉子の黄色と青海苔の緑、そして褐色のソース。

これぞお好み焼き魅惑の三銃士!すでに胃袋を打ち抜かれてます。

それに、チラチラと見える海老の赤ーーー。



むんずと箸でつかんで、程よい重みを感じてから、口へ運ぶ。

「うっみゃー」・・・(あっ、これじゃあ名古屋弁だ)

「ぶちうまい」。

麺が入ってるから、適度な空気を含んでて歯ざわりもふわふわ。

特製の名に恥じない具沢山のお好み焼き。

お好み焼の中からは、魚介類がゴロゴロでてくる。

マヨネーズをぬったくり、味の変化も楽しんでみた。

マヨちゃんは、やっぱ万能選手な調味料ですなー。

お好みソースの甘さを中和してくれんだよね。



広島駅で牡蠣醤油と旨塩ポン酢を買って、タバスコのレモン版「レモスコ」なるものも買ってみた。

瀬戸内のレモンを使用してるみたい。(まだ食べてませんけど)



帰りに呉まで脚を伸ばして「大和ミュージアム」へ。

新幹線の時間の関係があったので、入館せず。

館外には「戦艦陸奥」のスクリューが展示。しっかしデカイね。

戦後引き上げられたらしい。



次の広島入りはいつになるなかな。



スポンサーサイト
プロフィール

川越大将

Author:川越大将
齢40前半。
川越の居酒屋と出張ネタを中心に備忘録的に綴ります。
お暇があれば読んでみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。