スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おみや

ちょっと前ネタです。

ラーメンの鬼こと、佐野実さんが亡くなって、早10ヶ月が経とうとしている。

一度、横浜ラーメン博物館で食べた「支那そばや」の美味しさに感動したのを覚えてます。

キャラというか、演出かもしれないけど、佐野実さんの人間性ってけっこう好感を持ってました。

そんな佐野さんが亡くなる直前に佐野家のおにぎりで始まるタイトルのブログを書かれていました。

そのブログというのは、お店で出すおにぎりの明太子の紹介だったんです。

佐野さんの自宅で10年以上食べられている一品。

佐野さんが奨める明太子の味が非常に気になってしまい、博多出張の際に購入したわけです。

明太子っていうと、駅とか空港で販売せれてるのは大手ばかり。

街中の料理屋さんで、多く明太子が作られてるのは知識としてありませんでした。

お店に到着したんですが、まだ営業前(割烹料理店ですから当たり前か)。

でも店の入り口の脇に、明太子販売専用の小窓があるじゃないですか。

ほほー、このお店の明太子、「どっちの料理ショー」の厳選素材に選ばれた事があるんですね。

で、これが佐野さんお奨めの明太子。



旨み成分の代表選手の切り昆布と、赤々しい唐辛子にまみれたタラコ。

一口食べると分かるんですが、非常に魚卵の粒がしっかりしてます。

ぷつんぷつんと魚卵がはじけるのが分かります。



それをご飯にのせて。あっ、ちなみにお米は魚沼産コシヒカリ。

娘の嫁ぎ先から送られてくる、混ざりもんなしの銀シャリです。



白と赤のコントラストが綺麗でしょ。そして美味しいそうオーラ出してますね。

ご飯もいいけど、これを肴に・・・。いう事ありませんでした。

お使い物で、何軒かに配りましたが、絶賛の嵐でした。

ちょいと値段も張りますが、「カ●フク」や「フ●クヤ」の明太子より格別かな?
スポンサーサイト
プロフィール

川越大将

Author:川越大将
齢40前半。
川越の居酒屋と出張ネタを中心に備忘録的に綴ります。
お暇があれば読んでみてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。